男性ホルモン注射ネピドの効果やメリット

こんにちは!颯です。

ホルモン治療を始めてから1年程経過しました。だんだん声が低く筋肉質な体型になり男性らしくなってきました。

ホルモン注射を始めるにあたっての参考になればと思い、僕のホルモン治療の効果等をまとめておきます。

まず、主な男性ホルモン注射は以下の3つです。

  • エナルモンデポー
  • テスチノンデポー
  • ネピド

僕はホルモン注射を始めた頃は、テスチノンデポーを3週間に1回250mgを打っていました。

その後日本へ帰国する事が決まり、長期間タイを離れるためネピドへ変更しました。



ネピドについて

メリット

質が良い

・体内で長期間保持できる

・身体への負担が少ない

(ホルモン値が安定するため)

・自由度が増す

(月1での病院通いからの解放)

・注射の回数が減る

精神的に安定する

デメリット

・値段が高い

(1回あたり3万円程で保険が効きません、

エナルモンやテスチノンであれば数百円〜数千円ですみます)

・注射を打てる場所が限られる

(まだ日本では製造されておらず、海外から輸入しないといけないため)

僕個人の意見としては、

病院まで月に1回、2回通う交通費や労力、身体面精神的な負担を考えるとそれほど高い価格ではないと思っています。



効果

・抜け毛が減った!

・ニキビが減った!

・筋肉がつきやすくなった!

ネピドの保持期間が3〜4ヶ月と言われていますが(子宮卵巣摘出前)、3ヶ月過ぎた頃からホルモン濃度が薄くなるのか、うっすらと出血がありました。

生理ほどの血ではないですが、女性ホルモンが強くなっている感じがしました。

タイで注射後、4ヶ月経ってから日本でネピドを打ちましたが、それまでに生理はこなかったし、相変わらずヒゲは濃くなっていたので、4ヶ月に1度でも十分だと感じました。



タイでネピド注射をした時

両方のお尻に注射されましたが(量が多いため)、注射針を刺されるのも痛かったですし、液体がドロドロしているので針が刺さっている時間も長かったです。

液体がドロドロなのでなかなか体内へ入らないのでしょうね。。。

日本でネピド注射をした時

タイと同様の激痛があるかと思いきや、

「えっ!もう刺したの?えっ!もう終わったの!?」

というぐらい、痛みがなくあっという間に終わりました。

製造している会社によって成分が違う(液体がドロドロだったり、サラサラだったり)のか、それとも単に看護士さんの技術の違いなのか??

また、今回日本で打ったネピドはBAYER社の物でした。

説明書いただきましたが、ドイツ語なので読めない。。。

ネピドの説明書



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする