家族にLGBTである事をカミングアウトしました

こんにちは、ゆかこです。

LGBTs当事者の方やそのパートナーの方ってご家族との関係は良好ですか?なかなか理解してもらえないことも多いんじゃないかと思います。これは私たち当事者が必ず直面する壁の1つだと思うんですよね。私たちも例に漏れずという感じ…特に両親に理解してもらうのは難しいです。

家族との関係がどうこうという前に、カミングアウトするのさえ勇気がいりますよね。私たちの場合でいうと、颯くんは私と付き合うまで隠し通していたそうです。知られてはいけないことだと思っていたみたい。颯くんの話は本人に詳しく書いてもらうとして、今回は私の場合のお話をしたいと思います。

私の両親は、最初から否定はしていなかったので、付き合って1年くらい経ったときに同棲したいと2人で話しました。そして、そのまた1年後くらい、タイに引越しをする前に、結婚はできないけど(当時は戸籍変更しないつもりでした)一緒に生きていきたいと両親に話しました。このことを受け入れてくれ、颯くんのことを家族の一員として迎えてくれました。父親には孫の顔が見られないことが残念だと言われましたが、元々子供があまり好きではない私は、男性と結婚したとしても子供は作らないと言っていたので、それ以来しつこく言われることもないです。現在、颯くんの戸籍変更を考えているので、変更後は結婚を考えていることも話しています。

私には妹が1人いて、妹には颯くんと付き合って半年くらいで打ち明けました。妹の反応は「幸せならいいんじゃない」という感じ。妹は結婚しているので、旦那さんには妹が話してくれました。最初は驚いていたようですが、実際に会ったときはいたってフツウ。ただ、男として接したらいいのか、女として接したらいいのか距離感に悩んでいたように思います。妹の旦那さんの気さくな性格もあり、今ではすっかり仲良しで、甥っ子たちもすっかりなついています。

颯くんのご両親とは…距離を置いています。年に1回会うか会わないかという感じですが、妹ちゃんとは仲良くしています。

両家の家族に温度差が少しありますが、それはしょうがないことだと割り切っています。一方の家族だけでも認めてくれているので、ありがたいことです。認めてもらえない、理解してもらえないと気にすることよりも、認めてくれている人が周りに1人でもいるなら、その人やそういう環境にいられることに感謝した方がいい。周りに何と言われようと、自分らしくいることの方がよっぽど大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする