自分を知るには〇〇したらいいよ!

「やった〜、カブト虫発見!」

僕は子どもの頃、よく虫を追いかけてました。

それだけじゃ飽き足らず、

金魚、ハムスター、ダンゴムシ、メダカ、コオロギ、、、

といろんな生き物を家で育て、

ジーーーーッととにかく観察してました。

メダカや金魚は泳ぐ姿に見とれ、

コオロギは鳴き声に聞き惚れ、

ハムスターはひまわりの種を食べる姿にキュンとし、

見飽きることなく、

とにかくじっと観察してました。

生き物を飼っていたおかげで、

生き物はいつかは死ぬという事を身近に感じられました。

一生なんてあっという間、

今を楽しんで生きないともったいないなぁと。

さて、

今振り返ると

よくあんなに生き物の観察に夢中になっていたなぁと思います。

大人になると

なかなか夢中になれることを見つけるのって難しいですよね。

そして、

大人になるにつれ世間体や周りの同調圧力に負け、

自分は何が好きで何に熱中して、

何をしている時が一番幸せで、、、

という自分のことが分からなくなってきます。。。

自分で自分のことを知ることができると、

人生がとても豊かになると思うので、

ぜひ子どもの頃に夢中になっていた事を思い出してみてね。

あなたが子どもの頃、

夢中になっていたことはなんですか??

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする