手術を反対されているFTMの僕と親との関係について (パート3 改名について)

こんにちは、颯です。

僕はずっと親から手術や治療について反対されていたので、

改名後はもちろん前の名前で呼ばれています

手術前だと、その都度とても気にしていたと思いますが、

今は全く気にならなくなりました。

まず、戸籍上男性になったという安心感から

細かいことが気にならなくなりました。

そして、今までは親を悲しませてはいけない、

という思いがありましたが、

親と自分の人生をしっかり切り分ける事ができたからだと思います。

名前はゆかこと一緒に考え、

呼びやすい名前をつけました。

親がつけてくれた名前を勝手に変えることに対して

罪悪感がありましたが、

今は新たな名前とともに新たな人生をスタートでき、

改名して良かったと思っています。

何十年もその名前と共に生きてきたので、

慣れるまでは少し恥ずかしい感じでしたが、

昔からの友人も今では新しい名前で呼んでくれ、

本当に嬉しい気持ちでいっぱいです。

親の気持ちも大事ですが、

少し視野を広く持ち、

自分がどう生きたいか?

をよく考えてみて下さい。

僕は、名前も戸籍も変えて、

自分に嘘をつかない人生を歩め、

とても幸せだと感じています。

僕の話が少しでも皆さんのお役に立てれば、幸いです。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする