親に反対されながらもタイのヤンヒー病院で性別適合手術(SRS)を受けました 〜手術当日〜

こんにちは。颯です!

いよいよ手術日です。

手術当日の流れ

8時から手術予定だったので、6時に起こされ、毛剃りをしてもらいました。

毛剃りと浣腸があると言われていましたが、なぜか?浣腸はなかったです。

おそらく、朝早かったためだと思います。

その後、消毒液で身体を洗い、点滴をつけてもらいました。

朝早かったこともあり、しばらくボーッとして過ごしていました。

手術前のドキドキ感と手術を受ける事にあまり実感が湧かないという複雑な気持ちで過ごしていました。

両親の反対を押し切り手術をする事に対して罪悪感も少し感じていました。

7時30にストレッチャーに乗せられ、4階の手術室へ運ばれました。

この時、ゆかこと離れ離れになり、とても心細かったです。

そして、ゆかこも泣いてしまい、不安な気持ちにさせてしまい本当に申し訳なく感じました。



安静室

手術室手前にある安静室で

・血圧測定

・脈拍測定

・名前の確認

をして、手術室内へ入るまで30分〜1時間程待っていました。

ついに手術室へ運ばれ、名前を確認され麻酔を打たれました。

だんだんと意識が朦朧とし、深い眠りに。。。

目が覚めた時は、また安静室にいました。

12時頃、病室へ戻り、ゆかことご対面しました。



病室

病室へ無事に戻ってき、ゆかこの顔を見られ、ホッとしたのを覚えています。

尿カテーテル、点滴をつけられていたので、身動きとれず、その日は寝たきり状態でした。

痛みもそんなになく、とにかくよく寝ていました。

翌日の朝8時頃まで飲み食い禁止で、とても辛かったです。。。

特に水が飲めないのは、喉がカラカラでエアコンも効いて乾燥しており、喉も痛くなりました。。。

無事に手術が終わり、痛みもあまりなく戻ってこられただけでも、ありがたい事ですね。

手術を受けるという決断をするまでは、とてもとても長い時間がかかりましたが、いざ受けてみるとあっという間に終わってしまいました。

親の反対を押し切って手術を受けたので、帰国後、関係がより悪化するのかなぁ。。。と思いつつ過ごしていました。

ずっと側にいて看病してくれたゆかこには本当に感謝感謝ですね。

ゆかこが一緒にいてくれたおかげで入院期間中、安心して過ごせました。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする