FTMの彼氏がタイのヤンヒー病院に男性ホルモン注射のため通っています。

こんにちは、ゆかこです。

日本から性適合手術のために訪れる方も多い、ヤンヒー病院。颯くんがぜーんぜん記事にしてくれないので、私が書くことにしました。

ヤンヒー病院は大きな総合病院です。内科や外科もありますが、タイ国内では整形手術や性適合手術などで有名です。バンコク市内にあるものの、市内中心部から離れているので不便。バスでも行けますが、ほぼタイ語表記しかなく、英語を話せる乗務員もほぼなし。ルートが複雑で、ヤンヒー病院に行くための乗車場所も限られています。我が家からもバスで行けないので、毎回タクシーを利用しています。数年後には電車が開通する予定なので、移動も楽になると思います。

1階には各国の言語に対応している通訳カウンターがあって、日本語の通訳もしてくれます。日本語の通訳は30代の女性です。おっとりした性格で、ゆっくりと分かりやすく説明してくれます。

(対応言語)

病院のすぐ目の前にはマーケットが出ていて、ご飯や果物、コーヒー、洋服など色んなものが売られています。ただ、衛生的にちょっと心配なので、すぐ隣のコンビニ利用をお勧めします。病院内にはタイ国内で数多く展開するコーヒーチェーンが入っているし、病院内ではwifiも使えます。

病院前の市場

アマゾンコーヒー

颯くんはホルモン注射のため、3週間に1回のペースで通院しています。毎回、通訳の方とは9階で待ち合わせ。9階まで上がったらすぐ受付があるので、前回予約しておいた受付表を出して、名前が呼ばれるまで待ちます。通訳の方は、他の方との時間の合間に来てくれるので、基本的には、タイ語が必要となる先生の問診の時だけ。9階はトランスジェンダー専用の階で、受付時間は朝9時~12時までです。

名前を呼ばれたら、血圧と体重測定。終わったら一度待合室に戻ります。その後、名前を呼ばれたら先生の問診。治療の経過や体調に変化はないかなどを聞かれます。先生の問診が終わったら、また待合室へ。3度目の名前を呼ばれたら注射です。お尻に打たれるそうで、颯くん曰く、看護士さんによって痛さが違うらしい。注射が終わったら、会計のため4階へ。会計が済んだら終了です。この日は朝9時に行って、終わったのは11時。だいたい2時間くらいかかります…

家から遠いし待ち時間も長いしで、毎回半日がかり…でも、颯くんが嬉しそうにしているし、ヤンヒー病院でしかできない経験や出会いもあるので、ご縁は大切にしたいなと思っているところです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする